本日 69 人 - 昨日 62 人 - 累計 22390 人

『常に疑問を持つ』

  1. HOME >
  2. 過去メルマガ >
  3. 『常に疑問を持つ』
『常に疑問を持つ』

自分のやっている事が、いつも正しいとは限らない。

後で、間違っていた事に気付く場合もあります。


後で気付ければ、まだマシです。

自分の間違いに気付かず、そのままの人もいます。



施術は対患者さんなので、その施術が合っているかどうかは、その施術家にしか分かりません。

だから、自分自身で施術内容が合っているのかチェックしなければいけません。


しかし、当然の事ながら、合っていると思って施術しているのです。

でも、合っているとしても、もっといい方法があるのではないかと、模索するべきです。

その為に、いつも疑ってかかる事です。


この施術内容でいいのか?
痛みの原因となるポイントは、合っているのか?
今よりいい方法はないのか?


常に自問自答しましょう。



今がベストという事は、ないでしょう。

もっといい方法がある筈です。

私も常に自問自答しながら、施術を磨いて来ました。



常に疑問を持つ。



疑う事で、新たな方法やアイデアが生まれるのです。



※このメルマガは、2017年1月24日に発行されたものです。