本日 14 人 - 昨日 73 人 - 累計 17757 人
前回の足裏CTスキャン その3は、いかがでしたか?

足部に出ている硬さが、どこを写し出しているのか、答え合わせ(確認)が大切です。



では、本日の本題に移ります。


『足裏CTスキャン 実例その1』

足裏CTスキャンでまず行うのが、一番硬くなった場所の特定です。

左右を比べると、大抵どちらかに硬さの出ている場所があります。

それをしっかり見極めましょう。

今回は、その実例を紹介します。



足の関節に、ショパール関節という関節がありますね。

この関節は、顎関節と関連のある場所である事が、臨床経験上分かっています。


左足のショパール関節は、左顎。

右足のショパール関節は、右顎に対応しています。



顎関節と関連のある場所は、他にもあります。

足の拇趾のIP関節は、反射区で顎関節に当たる場所です。

ここも、左のIP関節は、左顎。

右のIP関節は、右顎に対応しています。


また、臀溝(臀部の盛り上がりの下方と大腿部の境界目)の部分も顎関節と関連のある場所になります。



ショパール関節に硬さを感じたら、それが正しいか、拇趾のIP関節や臀溝を触診して答え合わせ(確認)をします。

もちろん、顎関節を直接触診してもOKです。



足裏CTスキャン 実例その1。



顎関節、ショパール関節、拇趾のIP関節、臀溝は、それぞれ関連する場所になるので覚えておきましょう。

前回の足裏CTスキャン その2は、いかがでしたか?

足部だけで、全身の様々な情報が得られるのです。



では、本日の本題に移ります。


『足裏CTスキャン その3』

足部は、身体の状態を正確に写し出します。

また、様々な場所を写し出している事もお伝えしました。


例えば、リスフラン関節は肘・膝・横隔膜ラインを表しています。

そこに硬さがあるという事は、その何れかに問題があるという事です。

更に注意して頂きたいのが、手のひらや足部そのものが問題である場合もある事です。


そこで、大切になるのが答え合わせ(確認)です。

想定される問題箇所を触診して、答え合わせ(確認)する事が重要になります。



慣れてくれば、ある程度目星を付けて、素早く見つけられるようになるでしょう。

そして、問題となる箇所を見つけたら、後はそこを調整するだけです。


ただ、調整をして変化が見られない場合は、問題となる箇所が別にある可能性が高いです。

その際は、改めて問題となる箇所を見つけ出しましょう。



足裏CTスキャン。



答えは足に出ています。焦らず見極めましょう。

さて、前回の足裏CTスキャン その1は、いかがでしたか?

既往歴を聞く事が出来ないという逆境から、この足裏CTスキャンは生まれました。

逆境を自分の糧に出来るかどうかは、自分次第なのです。



では、本日の本題に移ります。


『足裏CTスキャン その2』

足裏CTスキャンのベースにあるのは、足裏マッサージの反射区です。

足裏

この反射区を元に、辛さを生んでいる原因や場所を特定しているのです。




更に私は、臨床経験を積む中で、足が一般的に知られる反射区だけでなく、腕や脚、手のひらをも写し出している事に気付きました。


例えば腕を表す場合、距腿関節が肩関節で、リスフラン関節は肘、MP関節が手首となります。

脚であれば、距腿関節が股関節で、リスフラン関節は膝、MP関節が足首となります。

もっと詳しく言うと、示指から小指のMP関節が手首・足首になります。第二中足骨は橈骨・脛骨に、第五中足骨は尺骨・腓骨に対応しています。




それぞれ、同側を写し出しています。右腕、右脚は右足部。左腕、左脚は左足部です。

手のひらも同側となります。

つまり、足部は複数の場所が写し出されている事になるのです。



また、足甲側は、伸筋側。

足裏側は、屈筋側となっています。

例えば、腕であれば前腕の伸筋群と上腕三頭筋が足甲側、前腕の屈筋群と上腕二頭筋が足裏側に写し出されています。



この様に、足部だけで様々な場所を写し出しているのです。

正に全身を写し出す鏡なのです。



足裏CTスキャン。



足を知れば、全身を知る事が出来るのです。

前回の手当て療法の動画は、いかがでしたか?

こんなんで治るの?というのが、率直な感想でしょう。

しかし、どんな症状であっても結果を出し続けているので、間違いありません。



では、本日の本題に移ります。


『足裏CTスキャン その1』

前回ご紹介した動画の中にも映っていましたが、私が原因を見極める為に行っているのが、足裏CTスキャンです。

この足裏CTスキャンによって、原因となる正確な場所を知る事が出来るのです。

この足裏CTスキャンは、逆境の中から生まれました。



それは、以前に勤めていた整骨院での事です。

過去の怪我が影響する事が分かっていた私は、既往歴を聞き出そうとしたのですが、そんな事をいちいち聞くなと制止され断念。


それでも、聞き出さずに何とかその人の問題となる場所を見極める方法は無いかと模索する中で、全身を写し出す鏡である足部に注目したのです。

その結果、足部が全身を表すだけでなく、腕や脚を表している事も分かったのです。



見極め方は、両方の足部を触診して、一番硬くなっている部分を見つける事から始めます。

この一番硬くなっている部分が、その人の一番の問題点、つまり辛さを生む原因となっている部分という事です。

だから、ここでしっかりと一番悪い場所が何処なのかを見極めなければならないのです。



効果的な施術が出来るかどうかは、この時点で決まるのです。

何度もお伝えしている様に、原因の見極めが一番大切だからです。




足裏CTスキャン。



それは、原因を見極める為の現段階での最善の方法なのです。

手当て療法の動画

2020年09月14日
前回の手当て療法は、いかがでしたか?

特別な技術は必要なく、誰でも使える安心・安全な手技です。



では、本日の本題に移ります。


『手当て療法の動画』

手当て療法がどんなものか、言葉だけでは理解しにくいと思います。

以前、撮影したユーチューブの動画の中に手当て療法が映っていますので、参考にしてみて下さい。



手当て療法の前には、足部を診て原因の見極めを行っています。

これを私は、足裏CTスキャンと呼んでいます。

私は、全身を写し出す鏡である足部を診て、原因の見極めをしているのです。



この動画中の被験者は、左上腕に問題となる箇所がありました。

と言っても、硬くなっている場所の大きさは、小指の爪の1/4あるかないか位の大きさでした。

恐らく、過去に何かがぶつかったと思われる打撲痕です。



こんな僅かな打撲痕が、結果的に左脚外側に緊張を生み、左の骨盤が開き、左の肩鎖関節の動きも悪くしていたのです。

しかし、その打撲痕に手当て療法を施した後は、それら全てが改善されたのです。



説明をしながらなので、約16分半と撮影時間が長くなってしまいましたが、是非ご覧になってみて下さい。

動画の終わりに、自分の考え方や想いを述べていますので、最後までお見逃しなく!


手当て療法

2020年09月13日
前回の直接法と間接法は、いかがでしたか?

間接法は、安全で効果的な手技なのです。



では、本日の本題に移ります。


『手当て療法』

間接法と並んで、もう一つ柱となる手技が手当て療法です。

その名の通り、手当てのような優しい手技です。


手当て療法は、元々存在していたのでしょうが、それを知って習得した訳ではなく、試行錯誤する中で自然に習得しました。

安心・安全な施術を目指す中で、習得するに至ったのです。

特に、過去の怪我(骨折・捻挫・ヒビ・打撲・火傷など)が痛みや張りの原因となる事が分かってからは、その怪我に対するアプローチ法として確立しました。



手当て療法をするに当たって、まずは原因の見極めを行います。

優れた手技も、原因にアプローチしなければ、効果を発揮しません。

そして、原因を見極められたら、その部分に対して手当て療法を施します。



やり方は、原因となる場所に対して、手を当てるだけです。

イメージとしては、手でその場所を温める感じです。

温める事で血流を改善して、その人の自然治癒力を高めるのです。


原因となっている硬さや範囲によって、手のひら全体を使ったり、指先で触れる様にと使い分けています。

手根や足根の場合は、指で挟む様に使う事もあります。



手当て療法は、間接法と同じでその人の整体する力を引き出す事を念頭に置いています。

施術者が治すのではなく、その人が治そうとするのを手助けするのです。



単に手を当てるだけで治るのか、信じ難いですか?

もちろん、的外れの場所に行っても効果は上がりません。

きちんと、原因となる場所を的確に捉えられた時に効果を発揮します。

だから、原因の見極めが大事なのです。



手当て療法。



派手さは無いが、子どもからお年寄りまで使える安心・安全な手技です。

手当て療法とは?もご覧ください。

直接法と間接法

2020年09月09日
前回の施術理念その3 安心・安全な施術は、いかがでしたか?

施術は、人の身体を良くする事も出来るが、逆に悪くする可能性がある事も理解しておきましょう。



では、本日の本題に移ります。


『直接法と間接法』

関節の歪みの矯正には、真逆の方法があります。

一つは直接法。もう一つは、間接法です。



直接法とは、ズレた関節を元に戻そうとする方法です。

関節が右にズレていれば、左に戻すのが直接法の考え方です。


一方、間接法とは、ズレた関節を更にズラす方法です。

関節が右にズレていれば、更に右にズラすのが間接法の考え方です。




間接法は、一見更に歪みを強めてしまう様に感じてしまうが、そうではないのです。

ズレているという事は、その方向に関節が動きやすいという事です。

間接法は、その動きやすい方向に関節を更に動かしてあげるのです。


間接法は、元々動きやすい方向に関節を動かすので、身体に負担が掛かりません。

無理に戻そうとするわけではないので、安全性も高いです。


また、矯正は緩やかに動かすので、こんなに弱くていいの?と思うくらいソフトです。

でも、それでちゃんと関節が元の位置に戻ります。

正しくは、勝手に戻ってくれます。




間接法は、人の身体が本来持っている整体する力を引き出しているのです。

正しい位置に戻そうなどと考えなくていいのです。

何故なら、正しい位置を一番分かっているのは、その人の身体だからです。

施術者は、ズレた関節が元に戻る手助けをしてあげるだけでいいのです。



私も、直接法の矯正を過去には行っていました。

しかし、間接法の方がより効果が高く、しかも安全であることが臨床経験から分かったので、今では間接法だけを用いて施術をしています。



直接法と間接法。



間接法の良さをまとめると、

・身体に負担を掛けない
・優しい力で矯正可能
・事故のリスクがほぼゼロ
・その人自身の整体する力を引き出すから安全で効果が高い


どうですか?
いいなと思ったら、是非取り入れてみて下さい。

間接法とは?もご覧ください。

前回の施術理念その2 全身を診るは、いかがでしたか?

全身を診る事で、改善率が格段に上がるでしょう。



では、本日の本題に移ります。


『施術理念その3 安心・安全な施術』

近年、施術中の事故が増えている。

筋肉や腱を損傷したり、ひどいと骨折というケースもある。


誰もわざと事故を起こす人はいないが、事故は100%施術者側に責任がある。

つまり、事故が起きるも起きないも、施術者次第なのです。



せっかく身体を良くする為に施術を受けに来られたのに、逆に身体を痛めてしまっては本末顛倒です。

その様な事を起こしてはならないし、起こさない為の努力をしなければいけません。



私はその様な想いから、患者さんに負担を掛けない安全で安心な施術をしようと思う様になりました。

また、痛い思いをさせたくないというのもあります。



事故のリスクや痛みが無く、それでいて効果的な施術方法を目指したのです。

そして、試行錯誤を繰り返し、現在の施術の基本である、手当て療法と間接法の2つに辿り着きました。



この2つの手技は、力を必要としません。

無理な力を加えない為、安全性が高いです。

もちろん、安全性が高いだけでなく、施術効果も高いです。

安全性と有効性を両立しているのです。



どんな手技が良いかは、様々な考え方があるので自由ですが、くれぐれも事故の無いよう注意しましょう。



安心・安全な施術。



患者さんの大事なお身体をお預かりしている事を忘れず、日々の施術に臨みましょう。

前回の施術理念その1 整体する力を引き出すは、いかがでしたか?

意識の持ち方で施術が変わります。

あなたはどんな想いで施術していますか?



では、本日の本題に移ります。


『施術理念その2 全身を診る』

施術において大切なのは、原因の見極めです。


原因が分からなければ、施術のしようがありません。

また、施術の効果も思うように上がりません。



その原因を見つけ出す為には、全身を診る必要があります。

ここで言う全身とは、頭のてっぺんから足先までで、それこそ手足の指まで診ています。

また、骨格筋だけでなく、内臓器の不調や自律神経の影響、既往歴など様々な要素を考慮して、原因の見極めを行っています。



慢性化した張りや痛みは、その場所に原因はなく、別の場所に原因があると思って間違いないです。

つまり、患者さんが訴える症状は結果であって、原因ではないのです。



例えば、

首の痛みが足首の歪みが原因だったケース。

腰の痛みが、手根骨の歪みが原因だったケース。

右肘の痛みが、肝臓の不調によるものだったケース。

右膝の痛みが、右前腕の火傷が原因だったケース。

様々なケースがあるのです。




人の身体は、全てが繋がりあっています。

だから、全身を診て原因を見極める必要があるのです。


ただ、その為には全身の繋がりや相関関係を理解していないと見極められません。

それらについては、今後少しずつお伝えしていきます。



全身を診る。



全身を診られるようになれば、今以上に施術のレベルがアップするでしょう。

前回の考え方が大事は、いかがでしたか?

あれこれ悩んだり、迷ったりしている人は、まずは考え方を整理してみましょう。



では、本日の本題に移ります。


『施術理念その1 整体する力を引き出す』

施術者なら誰もが治してあげたい、良くしてあげたいと思っているだろう。
※治すは、医師ではない為NGワードだが、説明上使用します。

もちろん、私もそういう気持ちは当然あります。

しかし、私は恐らく人とは違う想いで、施術をしています。



人は本来、整体する力を有しています。

それが、日常生活や仕事での癖、過去も含めた怪我などにより、身体の歪みや辛さが生じるのです。


私たち施術者は、その歪みや辛さを施術によって取り除いています。

施術により、患者さんの身体が楽になっているのは間違いありません。

しかし、私は治すという意識ではなく、本来持っているその人の整体する力を引き出すという意識で施術をしています。



治すというのは、こちらが主役です。
引き出すというのは、相手が主役です。


それに、治していると思うのは、おこがましいと思うのです。



結果的には同じかもしれませんが、治しているとなると、段々と態度が高慢になってしまう可能性が高いです。

だから、自分を戒める意味と本来持っている整体する力を信じているので、私はその力を引き出す事を意識しているのです。


自分は主役ではなく、あくまでサポート役と思って施術を行っています。



整体する力を引き出す。



そう意識する事で、自分を戒め相手を尊重する気持ちを忘れずにいられるのです。

考え方が大事

2020年09月03日
さて、前回の自然治癒力を高めるは、いかがでしたか?

自然治癒力は一定ではありません。

あなた次第で、良くも悪くもなるのです。



では、本日の本題に移ります。


『考え方が大事』

行動は、考え方から生まれる。

だから、考えていない事は行動に出来ません。

行動を決定付けているのは、考え方なのです。



それが、会社で言えば「経営理念」となります。

経営理念があって、その後にその会社が取るべき行動が明確になるのです。


何をどうするのかという方法が先ではなく、経営理念という考え方が先に来るのです。

これは、会社に限らず、一個人でも同じです。




例えば、彼女や奥さんを喜ばしたいと思うから、美味しいお店に連れて行ったり、何かプレゼントを渡すのです。

お店やプレゼントは、手段や方法であり、目的ではありません。

喜ばす事が目的であり、大事なのです。

これを間違えると、おかしな事になります。



施術においても、同じ事が言えます。

調整する方法が大事なのではありません。

施術に臨む、考え方が大事なのです。



その事を分かっていないと、方法に拘ったり、誤ったやり方で患者さんに怪我をさせてしまったりするのです。

また、自己満足的な施術になるなど、おかしな事が起きてしまいます。

施術や患者さんに対して、どの様な考え方を持って臨んでいるかが大事なのです。



考え方が大事。



考え方は、例えて言うなら「根っこ」の部分。

しっかりとした考え方を持つ事が、良い施術に繋がるのです。

前回の自然治癒力という最高の名医は、いかがでしたか?

自然治癒力に勝る名医はいないのです。



では、本日の本題に移ります。


『自然治癒力を高める』

小さな怪我でも、外科手術が必要な大怪我でも、最終的に身体を回復させているのは、自然治癒力です。

病気においても、同じ事が言えます。


自然治癒力が機能しなければ、怪我や病気の回復はあり得ないのです。

この自然治癒力の働き加減が、健康を左右するのです。



自然治癒力は個人差があるのは当然ですが、同一人物でも高まったり、低くなったりします。

いつも一定で同じではないのです。



では、何が影響するのか?

まずは、自然治癒力を低下させる要因としては、

加齢
睡眠不足
昼夜逆転生活
激しい運動
暴飲暴食
早食いなど体力を低下させることや、胃腸に負担を掛けることが挙げられます。

また、ネガティヴ思考やストレスなど、精神面による影響も受けるのです。



逆に、自然治癒力を高める要因としては、

質の良い睡眠
適度な運動
規則正しい生活
しっかり噛んで食べるなどです。

また、ポジティブ思考やよく笑うことでも自然治癒力が高まります。



悩んだりくよくよするのではなく、特に前向きな考え方が大切です。

なぜなら、行動は考え方から生まれるからです。



自然治癒力を高める。



明るくポジティブでいる事が自然治癒力を高め、健康的な生活を送る事に繋がるのです。