本日 16 人 - 昨日 73 人 - 累計 17759 人
前回の放射線被爆によるガン発生 その2は、いかがでしたか?

日本は、CTスキャンを世界一保有している国なのです。



では、本日の本題に移ります。


『放射線被爆によるガン発生 その3』

CTとは、コンピューター断層撮影法(Computed Tomography)の略です。

身体にエックス線を照射し、通過したエックス線量の差をデータとして集め、コンピューターで処理することによって身体の内部を画像化します。


身体の内部の状態を詳細に知る事が出来る一方、エックス線(放射線)を被爆する事になります。

CTスキャンは、この被爆する線量がとんでもないのです。



同じエックス線を使う、胸部エックス線検査は、1回の撮影で0.05ミリシーベルト。

そして、問題のCTスキャンでは、なんと6.9〜10ミリシーベルト。(6.9は理想値)

つまり、CTスキャンは胸部エックス線検査と比べて約200倍もの放射線を被爆している事になるのです。


腹部・骨盤のCTでは更に線量が増え、最低でも20ミリシーベルト。

また、全身をCT検査したり、何度も繰り返し受ければ、それだけ被爆線量は増える事になります。



福島で原発事故が起きた後、政府は年間20ミリシーベルト以上被爆する恐れがある地域を計画的避難の対象にしました。

よく見て下さい。

年間で20ミリシーベルトです。

それをCTスキャンでは、たった1回の検査で超えるケースもあるのです。



また、放射線に関係のある仕事に従事する人は5年間で100ミリシーベルト、1年間に50ミリシーベルトを超えてはならないと決められています。

CTスキャンで受ける放射線量が、いかに尋常でないかが分かると思います。



放射線被爆によるガン発生 その3。



不必要なCTの検査は、極力避けた方が賢明です。

前回の放射線被爆によるガン発生 その1は、いかがでしたか?

放射線検査による被爆が世界一なんて、あまり知られていないかも知れませんね。



では、本日の本題に移ります。


『放射線被爆によるガン発生 その2』

なぜ、日本は検査による放射線被爆が世界一なのか?

それを物語るデータがあります。

それは、CTスキャンの設置台数です。



日本のCTスキャンの設置台数は、2011年時点で、12,943台。

これだけでは、多いのか少ないのか分かりませんね。


日本と同様、設置台数が多いのは、アメリカです。

アメリカの設置台数は、2013年時点ですが、13,745台です。


なんだ、アメリカの方が多いじゃないかと思われたでしょうか。

しかし、アメリカと日本では、総人口が違います。



人口百万人に対しての台数を比べると、

日 本 101台(2011年)
アメリカ 43台(2013年)



なんと、日本はアメリカの倍以上も保有しているのです。

そして、世界中どこの国を見回しても、日本ほどCTスキャンを保有している国はありません。

因みに、設置台数第3位はブラジルで、3,057台と大きくかけ離れています。

日本のCTスキャンの設置台数は、異常に突出しているのです。


そして、この事が放射線被爆世界一に影響しているのです。



放射線被爆によるガン発生 その2。



CTスキャンは、メリットばかりじゃないですよ。

前回の慢性刺激によるガン発生は、いかがでしたか?

刺激の強いものは、ほどほどにしましょう。



では、本日の本題に移ります。


『放射線被爆によるガン発生 その1』

放射線と言うと、原爆や原発事故を連想しますが、実はもっと身近なものです。


放射線とは光の仲間で、高いエネルギーを持ち高速で飛ぶ粒子(α線、β線など)と、高いエネルギーを持つ短い波長の電磁波(X線やγ線など)の総称です。

放射線は自然界にも存在し、それらは自然放射線と呼びます。

宇宙や大気、大地などから私達が1年間に自然放射線を受けている量は、世界平均で2.4ミリシーベルトと言われています。



自然放射線とは別に、医療で診断に使われるレントゲン撮影や、CTスキャンなどのX線、また核分裂のエネルギーを取り出す原子力発電所で生まれる放射線は人工放射線といいます。

問題になるのは、この人工放射線です。

自然放射線と人工放射線の性質的な差は無いのですが、被爆する機会と量に差があります。



実は日本は、放射線検査による国民被爆線量が世界一なのです。

その為、検査被爆による発ガン死亡リスクも世界一と(先進国の調査によって)推定されているのです。



放射線被爆によるガン発生 その1。



日本では先進医療が受けられると、手放しに喜んではいられないのです。

前回のガンになりやすい性格は、いかがでしたか?

頑張るいい人がガンになりやすいなんて、皮肉なものですね。



では、本日の本題に移ります。


『慢性刺激によるガン発生』

医学博士 丹羽靭負さん著書
「本物の医療・本当の健康」より抜粋。一部修正。
1996年初版。


昔(30年前頃まで)は、女性の胃癌の方のそのほとんどが60~70歳以上でした。

ところが、私が医師になってすぐのころ、ある知人の51歳になる女性が癌で、私の属していた病院に来られました。

病状を非常に興味深く思い、どのような食生活をしていたのかを、その知人である患者さんに尋ねてみました。



その答えで「なるほど」とうなずいたことには、

その患者さんはずっと以前より、冷たい物が大好きで、夏のみならず、冬も春も秋も一年中、牛乳2~3本を冷蔵庫のフリーザーの中に入れておいたものを、

毎朝一挙に飲み干し、食道から胃まで凍りついた冷寒を感じることを何ともいえぬ快感としていたそうです。

その上この患者さんは、お饅頭が大好きで毎晩7~8個を、やはり冷蔵庫のフリーザーで凍らしていたものを食べていたそうです。



ですからこの女性は、何年、何十年、朝夕、冷たく凍りついた牛乳やお饅頭でもって、胃壁を傷つけていたのです。

この慢性刺激で患者さんは当時では珍しい51歳で女性の胃癌になったのです。

以上。



この方は、冷たい物でしたが、熱過ぎる物や辛過ぎる物も、慢性的に摂取すれば、同様に慢性刺激となって、ガンのリスクが高まるでしょう。

タバコやお酒などの嗜好品も同じことが言えます。


要するに、頻度が問題なのです。

たまに摂取する程度なら問題はないでしょう。


それが、先ほどの女性のように、刺激物を頻繁に摂取すれば、ダメージを受けた細胞の修復が追いつかず、やがて細胞内の遺伝子が傷つきガン細胞へと変容するのです。




慢性刺激によるガン発生。




何でもほどほどに心掛けましょう。

前回の心臓と脾臓にはガンができないは、いかがでしたか?

低体温の人は、ガンのリスクが高まるだけでなく、免疫力も低下しているので改善するよう努めましょう。



では、本日の本題に移ります。


『ガンになりやすい性格』

免疫学の権威、故安保徹先生によれば、


「ガンは無理な生き方による交感神経緊張の持続から引き起こされる」と述べています。


無理な生き方とは、何事にも熱心で、真面目な頑張り屋さんの事です。


自律神経のうちの交感神経は、活動する時に働きます。

逆に休息してリラックスしている時に働くのが、副交感神経ですね。



真面目な頑張り屋は、一生懸命になり過ぎる為、リラックスする時間が少ないです。

また、ストレスを溜め込んで、うまく発散できていない事が多いです。

その為、神経の休まる時が少なく、交感神経が優位な状態が圧倒的に多いのです。



その結果、

ストレス→交感神経緊張→血流障害と顆粒球増多→組織破壊の病気→ガンというサイクルを生み出すのです。



ガンは食事の影響が大きいですが、性格的なものも関係しているのです。

同じ免疫学を専門とする奥村康先生も次の様に述べています。

「責任感が強く自己犠牲的で自分の感情を抑え込む人は、免疫力の低下を招きガンのリスクを高める」



ガンになりやすい性格。



頑張り過ぎ、無理し過ぎ、我慢し過ぎは体を壊し、ガンのリスクを高めるのです。

前回の抗ガン剤の驚くべき認可基準は、いかがでしたか?

この認可基準は、患者さんの為になっているとは言えないですね。

製薬会社の為の認可基準と言ってもいいでしょう。



では、本日の本題に移ります。



『心臓と脾臓にはガンができない』


心臓と脾臓。

この臓器にはガンができません。

ただ、心臓にはごく稀に肉種ができることがありますが、ここでは詳しい言及は割愛します。



心臓と脾臓にガンができない理由は幾つかあるようですが、共通しているのは、高温であることです。


心臓は四六時中動き続け、体熱の約10%を作り出しています。

脾臓は、古くなった赤血球を処理したり、貯蔵なども行なっているので、温度が高いのです。


実はガンは熱に弱く、約40度で死滅します。

その為、熱に弱いガンが、高温を維持する心臓と脾臓にはできないのです。




近年、平熱が35度台の人が増えているようですが、この温度はガン細胞が一番増殖する温度と言われています。

また、体温と免疫力は密接に関連していて、体温が1度上がると免疫力は5~6倍アップします。

逆に1度下がると、30%も免疫力がダウンするのです。




心臓と脾臓にガンができないことを考えると、低体温であることは、大変好ましくない状況と言えるでしょう。


高温である以外にも、心臓はほとんど細胞分裂を起こさないことや、脾臓は腸管と並ぶ、免疫システムの中心臓器である事が影響しているようです。



心臓と脾臓にはガンができない。



平熱が35度台の人は、ガンが増殖しやすい温度なので、早めに体質改善することをお勧めします。

前回の抗ガン剤は増ガン剤は、いかがでしたか?

効かないどころか、逆にガンを増やす原因になるなんておかしな話ですね。



では、本日の本題に移ります。



『抗ガン剤の驚くべき認可基準』

効かないと分かっている抗ガン剤。

その認可基準も驚きのものでした。


抗ガン剤が効いたとされるのは、ガンを消滅させる必要はなく、ガンが縮小すれば効果ありと判断されます。

その縮小の基準は、新しい病変の出現がなく、4週間で50%以上の縮小で効果ありとされるのです。


では、どの位の人に効果が出れば良いのでしょうか?

たったの20%(10%ではないかとも言われています)なのです。

10人中、たったの2人で良いのです。

下手をすると、1人でもokになっているかもしれないのです。


更に恐ろしいのは、5週目以降は効果を問われないのです。

つまり、5週目以降にガンが逆に増大しても構わないのです。

4週間だけ縮小効果があれば良いのです。



前回お伝えしましたが、ガン細胞には抗ガン剤対抗遺伝子が存在します。

抗ガン剤に負けないよう、細胞を変化させてしまうのです。

だから、効果は一時的なものなのでしょう。



そもそも、抗ガン剤が効果的なものであるならば、ガンで亡くなる方が減っていくはずです。

しかし、現実は年々増加の一途です。



抗ガン剤の驚くべき認可基準。



抗ガン剤は、いったい誰の為になっているのでしょうか…

前回のなぜガンになるのか?その3は、いかがでしたか?

日々、口にする物がその人の身体を作り上げると言っても過言ではありません。

誤った食事を見直す事で、様々な病気を予防できるのです。



では、本日の本題に移ります。



『抗ガン剤は増ガン剤』

抗ガン剤はガンから救ってくれる。

多くの人は、そう信じていることでしょう。

しかし、今から約30年も前に抗ガン剤の無効性は立証されていたのです。


その証言の主は、NCI(アメリカ国立ガン研究所)のデヴィタ所長。

彼は、1985年アメリカ議会で次のように証言しました。



『分子生物学の発達などで遺伝子の仕組みや働きが詳しく調べられるようになってショッキングな事が分かった。』

『それはガン細胞の中には抗ガン剤対抗遺伝子とも呼ぶべき遺伝子がある事だ。抗ガン剤をぶつけてもガン細胞はこの遺伝子の働きで、抗ガン剤に負けない細胞に自分を変身させてしまうのが分かったのだ。』


これは、ある害虫に農薬を使うとその農薬の効かない新種が現れるが、ガン細胞でも同じ事が起きているという事なのです。

つまり、抗ガン剤ではガンを治せないと証言したのです。



更に、NCIが1988年に発表した『ガンの病因学』では、15万人の抗ガン剤治療を受けた患者を調べた結果、抗ガン剤はガンを何倍にも増やす増ガン剤だと断定したのです。


約30年も前に、抗ガン剤はガンに無効であるばかりか、逆にガンを増殖させる増ガン剤であると証明されていたのです。



驚くのは、抗ガン剤治療が未だに平然と行われている日本で、抗ガン剤を認可する厚労省の専門技官が『抗ガン剤でガンを治せない』と認めている事です。

効かないと分かっていて認可する。

ガンで亡くなる方が減らないはずです。




抗ガン剤は増ガン剤。




抗がん剤でガンを治すことは出来ないのです。

前回のなぜガンになるのか?その2は、いかがでしたか?

ガンは食源病。食事を見直し、予防する事が最善です。



では、本日の本題に移ります。



『なぜガンになるのか?その3』

マクガバンレポートにより、ガンは食源病である事が明らかにされました。

では、誤った食事とはどの様なものなのでしょうか?



まず一つ目は、動物性食品(動物性タンパク質、脂肪)の過剰です。

牛肉・豚肉・鶏肉だけでなく、卵・牛乳・チーズなども動物性食品です。

また、チョコレート・ケーキ・アイスなども、動物性脂肪を多く含んだ食品です。


二つ目は、自然な形の穀類・野菜や果物の減少と砂糖の過剰です。

穀類・野菜や果物などの植物性食品からのデンプン質の摂取が減り、砂糖の摂取が大幅に増えました。

デンプン質とは、糖類が連なった物です。

つまり、摂取するデンプン質の中の砂糖の割合が増しているのです。


三つ目は、食品を過度に加工し過ぎる事による繊維やビタミン、ミネラル類の減少です。

植物性食品が減ったことで、繊維の摂取が減ります。

また、玄米を白米に、小麦粉を白い小麦粉にと精白する事で、ビタミンやミネラルを削ぎ落としてしまいました。

野菜や果物も加工したり、ジュースなどで摂取するため、繊維を減らしています。



どうでしょうか?

どれも、普段ありふれた食事となっているのではないだろうか。

マクガバンレポートでは、この様な先進国風の食事がガンや心臓病などの病気を作り出していると述べています。



なぜガンになるのか?その3。



先進国風の食事を改める事が、ガンを遠ざける事になるのです。

前回のなぜガンになるのか?その1は、いかがでしたか?

実は、約40年も前に衝撃のレポートが発表されていたのです。



では、本日の本題に移ります。



『なぜガンになるのか?その2』

1977年に発表されたマクガバンレポート。

2年にも及ぶ大規模な調査の結論を要約すると次の通りだ。



ガン、心臓病、脳卒中など先進国に多い病気の多くは、先進国の食事や栄養の摂り方の間違いが根本的な原因になっている『食源病』である。

この『食源病』には予防が第一であり、その為には先進国風の間違った食事や栄養の摂り方を健康的なものに改める必要がある。


この様に結論付けたのです。



このマクガバンレポート以前に、食事と病気の関係性を指摘するものはありませんでした。

と言うよりも、そこまでガンや心臓病などの病気が深刻化するほど多くなかったからかもしれません。

事実、20世紀初頭には同じアメリカでも、ガンや心臓病は珍しい病気だったのです。


その少なかった病気が、近代化と共に食事の内容が変わった事で増えていったのです。

そして、我が国日本でも欧米化された食事が増え、アメリカが歩んだようにガンなどの病気が増え続けています。



しかし、アメリカでは90年代前半からガンの罹患率、死亡率共に減少し続けているのです。

これは、マクガバンレポート以降、健康政策の数値目標を掲げ、国を挙げて食生活の改善や予防に注力したからなのです。



片や日本はどうでしょうか?


マクガバンレポートの存在すら知らない人がほとんどではないでしょうか?



なぜガンになるのか?その2。



ガンは食源病。

しかし、正しく理解・実践すれば予防することも出来るのです。

前回のなぜガンにならないのか?は、いかがでしたか?

休みなく働いてくれている免疫システムに感謝ですね。



では、本日の本題に移ります。



『なぜガンになるのか?その1』

マクガバンレポートをご存知だろうか?

正式には、アメリカ上院栄養問題特別委員会レポートと言って、その委員長を務めていたのが、大統領候補にもなったマクガバン議員でした。

その為、通称マクガバンレポートと呼ばれています。



このマクガバンレポートが発表されたのは、今から約40年も前の1977年です。

当時のアメリカは、ガンや心臓病などを患う人が増え続け、それに伴い医療費も年々増加の一途でした。


進歩したとされるアメリカの医学を活用し、しかも巨額の医療費が注ぎ込まれているのに、病気が減るどころか増え続けている。

この国家を揺るがす問題の原因を突き止める為に立ち上げられたのが、栄養問題特別委員会だったのです。



2年にも及ぶこの調査は、アメリカに留まらず、世界中から資料を集め、人々の食生活と病気や健康状態との相関関係を分析しました。

また、証人喚問に応じて資料レポートを提出した各国の医師、生物学者、栄養学者など専門家だけでも、実に3000人を超える大掛かりな調査だったのです。

そして、5000ページにも及ぶマクガバンレポートが発表されたのですが、その内容は世界中に衝撃を与えるものだったのです。



なぜガンになるのか?その1。



衝撃を与えたマクガバンレポートの内容については次回お届けします。