本日 13 人 - 昨日 73 人 - 累計 17756 人
前回のガンは毎日生まれているは、いかがでしたか?

ガンは誰にも無関係ではないのです。



では、本日の本題に移ります。



『なぜガンにならないのか?』

日々、私達の体には約5000個ものガン細胞が生まれています。

それにも関わらず、私達はガンにならずに済んでいます。


これは、私達が元々兼ね備えている免疫システムのお陰なのです。

免疫とは、自己を脅かす細菌やウイルス、異物から身を守るための防御システムです。



免疫は特定の器官があるわけではありません。

骨髄・胸腺・リンパ節・血管・皮膚・腸管など、複数の器官や組織が連携しあって構成される高度なネットワークシステムとして機能しています。


その免疫を担っているのは、白血球です。

白血球は、顆粒球(約60%)、リンパ球(約35%)、マクロファージ(約5%)で構成されています。


中でも、免疫システムの主役は、リンパ球です。

リンパ球には、T細胞・B細胞・NK細胞などの免疫細胞があり、それぞれが得意の攻撃方法を持ち、連携しながら体内の異物を退治してくれるのです。



私達は、この免疫システムのお陰で、ガン細胞が日々生まれているにも関わらず、ガンにならずに過ごせているのです。



なぜガンにならないのか?



免疫システムが働き、24時間体制で戦ってくれているからなのです。

前回のガンは癌と書くは、いかがでしたか?

食の在り方について考えさせられますね。



では、本日の本題に移ります。



『ガンは毎日生まれている』

どんなに健康な人でも、毎日ガン細胞は生まれているそうです。

その数、約5000個。


多く感じましたか?

5000個も?と思われたかもしれませんが、60兆個ある全ての細胞の数からすると、僅か0.00000000008%の割合です。



このガン細胞は、正常な細胞から生まれています。

細胞は日々分裂を繰り返し、毎日約1兆個もの細胞が入れ替わっています。



ガン細胞は、その細胞分裂の際に、ミスコピーして生まれたものです。

何兆もの細胞が分裂を繰り返していると、どうしてもミスコピーが生じてしまうのです。


しかし、ガン細胞が毎日生まれているからといって、それが即座に人命に関わる事はありません。

それは、我々が備えている免疫力が働いているからです。



ガンは毎日生まれている。



ガンは実はとても身近な存在なのです。

ガンは癌と書く

2020年06月25日
前回の胃を緩めるは、いかがでしたか?

胃の疲れが診られたら、反射区を使って緩めてみましょう。



では、本日の本題に移ります。



『ガンは癌と書く』


今や、日本人の2人に1人がガンに罹ると言われています。

確率50%って、物凄い数字ですよね。


ところで、ガンは癌という漢字で表記されますが、ある講演会でその意味を教えてもらいました。



品数多く沢山食べて、ガンになる。



やまいだれの中は、品と山という漢字で成り立っています。

私はそれを聞いた時、なるほどと感心しました。



戦後の食べる物に困窮する時代はとっくに終わり、飽食の時代となった今。

食べ物に困っている方もいらっしゃいますが、大多数の方は毎食お腹いっぱいに食べているのではないだろうか。



野生動物は癌にならないと言われています。

それは、必要な時に必要な量だけしか食べないからかもしれません。



片や、人間はどうだろうか?


食事だけがガンの原因ではないと思うが、現代人は食の在り方を改めなければいけないのかもしれません。



ガンは癌と書く。



ガンは飽食と共に増えている。

それは、食べる量かもしれないし、添加物などを含んだ食品が問題なのかもしれない。


いずれにしても、飽食がガンに影響している事は否定出来ないだろう。

ガンとは、贅沢病なのかもしれない。

胃を緩める

2020年06月22日
前回の胃の疲れは左側に出るは、いかがでしたか?

内臓が絡む張りや痛みもあります。

内臓も含めて、全身を診るようにしましょう。



では、本日の本題に移ります。



『胃を緩める』

前回、胃の疲れが出る場所をお伝えしました。

左側に出るのが特徴ですね。

張りや痛みが、胃の疲れによって出ているようであれば、胃の疲れを取り除いて、胃を緩める必要があります。



この場合、足裏の胃の反射区を緩めるのも良いですが、手の反射区を緩める方が効果がある様に感じます。

手の反射区は、舟状骨の辺り(手のひら側)をゴリゴリしてみて下さい。



胃の調子の悪い人は、ゴリゴリすると痛みを訴えます。

胃に問題が無ければ、ゴリゴリも痛みもありません。

胃の悪い人は、ゴリゴリした感触があるので、すぐに分かると思います。



しばらくゴリゴリした後、張りの出ていた箇所を確認してみて下さい。

例えば、左肩甲骨内側に出ていた張りが減っているはずです。


これで張りが抜けるのであれば、単純に胃の疲れになるのですが、これで張りが抜けない時は、別の原因が隠れている事になります。

色々なケースがあり、一概に言えませんので今回は割愛しますが、胃の疲れが診られた時は、まずは手のひらの反射区を試してみて下さい。

多少の変化は出るはずです。



胃を緩める。



胃の疲れから来る張りや痛みには、反射区を使って緩めてみましょう。

前回の同じ担当者のデメリットは、いかがでしたか?

メリットがあれば、デメリットもあるのです。

その事を忘れずに、日々の施術に臨みましょう。



では、本日の本題に移ります。



『胃の疲れは左側に出る』

先日、肝臓の疲れは右側に出ることをお伝えしました。

胃はその逆の左側に出てきます。


胃と関連している場所は、

左首肩。
左肘。
左膝。
左頬骨。
左肩甲骨内側。(肩甲骨と背骨の間)
手、足の胃の反射区。


こうして見ると、肝臓とほぼ逆の位置となっています。


しかし、背中だけは位置関係が真逆ではありません。

肝臓の場合、右肩甲骨の下、つまりちょうど肝臓がある位置の裏側に張りが出るのに対して、胃は左肩甲骨内側に出ます。



肝臓の時と同じで、これらのポイントに張りが確認出来れば、胃が疲弊していると考えて良いでしょう。

ただ、難しいのは、暴飲暴食や咀嚼不足などによる胃の疲れもあれば、胃に関連する場所を痛めて、胃に負担を掛けているケースもあります。


結局、様々な情報を加味して判断するしかありません。



胃の疲れは左側に出る。



まずは、疲れの出るポイントを知って、もしかしたら胃が関連しているかもと感じ取れる様にしましょう。

前回の同じ担当者のメリットは、いかがでしたか?

同じ患者さんを診ているのであれば、そのメリットを活かしましょう。


では、本日の本題に移ります。



『同じ担当者のデメリット』

メリットがあれば、一方でデメリットがあるのは世の常です。

同じ担当者が診るデメリットについて、お伝えします。

大きくは3つのデメリットがあると思います。



一つ目は、偏りが出る点です。

同じ施術者が担当すると、どうしても同じ視点で診がちなので、施術が偏ってしまいます。

違う施術者に変われば、違う視点で診るので、施術のポイントも変わるでしょう。



二つ目は、マンネリ化です。

これは、特に経験者が陥りやすいのではないでしょうか?

経験を積めば積むほど、固定観念にとらわれマンネリ化しやすいです。

同じ患者さんを診ていると、常に進化成長を心掛けなければ、どうしても施術のマンネリ化に陥りがちです。



三つ目は、機会損失・顧客流出です。

担当制、指名制でずっと同じ施術者が診ていると、その施術者じゃないと嫌だという事が起こります。

居なければ施術を受けに来ない。

そして、辞めるとなれば、場所にもよるでしょうが、その施術者に付いて行って来なくなってしまうでしょう。

つまり、経営サイドから見たデメリットですね。


この様に、自分自身のデメリットだけでなく、経営サイドのデメリットもあるのです。



同じ担当者のデメリット。



どうでしょうか?



デメリットである部分もよく理解して、施術に臨みましょう。

前回の肝臓の疲れを診るは、いかがでしたか?

肝臓の疲れが出るポイントを知っていれば、肝臓が関与しているのかが分かるでしょう。


では、本日の本題に移ります。



『同じ担当者のメリット』

施術家であれば、責任を持って患者さんを診たいと思うでしょう。

一人の患者さんに対して、一人の施術家が担当する事は、幾つかのメリットがあります。


一つ目は、その人の体を継続して診られるというメリットです。

施術の効果が出ているのか、比較しやすいです。

また、いつもと違う変化があった時に、担当者が同じであれば、変化に気付きやすいという点があります。



二つ目は、同じ人が担当する安心感です。

あれこれ言わなくても、分かってくれているという安心感があると、患者さんもリラックスして受ける事が出来ます。

また、安心して身を任せられるので、信頼関係も築きやすいです。



大きくは、この2つが同じ担当者が診るメリットになるでしょう。

担当制、指名制の所は、このメリットを活かし、施術に取り組みましょう。


しかし、メリットがあれば、デメリットもあるのが常です。

デメリットに関しては、次回触れたいと思います。



同じ担当者のメリット。


あなたはそのメリットを活かしてますか?

肝臓の疲れを診る

2020年06月03日
前回の肝臓と冷えの関係は、いかがでしたか?

肝臓だけではありませんが、内臓器の働きを理解しておく事は、施術の役に立ちますよ。


では、本日の本題に移ります。



『肝臓の疲れを診る』

内臓器を直接診る事は出来ませんが、問診や触診などで状態を知る事は出来ます。


「体、腰が重い」
「右の首肩の張り、痛み」
「右膝、右肘の痛み」

この様な症状を訴える場合、肝臓が関与している可能性があります。(もちろん、他に原因がある場合もあります)


ご存知の様に、肝臓は右上腹部の肋骨の中に収まっています。

この肝臓が体の右側に配置されている事が、肝臓が疲弊すると体の右側に張りや痛みなどの症状が現れることに繋がっています。



そして、体には肝臓と関連のある場所があります。

右首肩。
右肘。
右膝。
右頬骨。
右背部(肝臓の裏)。
手、足の肝臓の反射区。


肝臓が疲弊したり、トラブルを抱えると、上記の場所にこわばりが出ます。

だから、肝臓が怪しいと感じたら、上記のポイントを触診で確認すればいいのです。


右頬骨は当然ですが、右膝も仰向けで確認した方が分かりやすいでしょう。

もちろん、肝臓のある右上腹部を触診しても良いでしょう。

そして、触診の結果、肝臓と関連する場所にこわばりが出ていれば、肝臓に問題があると判断していいでしょう。



肝臓に負担が掛かる事は、薬・サプリ・お酒・甘いもの・冷えなどです。

ただ、人によって肝臓の能力が異なるので、例えば同じ量のお酒を飲んでも、全然問題のない人もいるでしょう。



自覚している症状。
緊張が出ている場所。
その方の生活習慣。

これらの事を踏まえて、総合的に判断する様にしてください。



肝臓の疲れを診る。



体には、肝臓と関連した場所があるのです。