本日 6 人 - 昨日 7 人 - 累計 8589 人
前回、筋肉は『縮む』ことしか出来ない事をお伝えしました。

筋肉が縮む事で、様々な動きや姿勢が可能になるのです。

では、本日の本題に移ります。


『筋肉が縮むにも、3種類ある』

まずは、受動的短縮能動的短縮に分けられます。


受動的短縮は、例えば腕の骨折などで三角巾で肘を曲げた状態で固定した場合、上腕二頭筋は自分の意思ではなく、強制的に短縮させられた状態になります。

これが受動的短縮です。

他にも、ペアで筋肉を自分ではなく、相手に動かし縮めてもらっても、受動的短縮になります。



もう一方は、能動的短縮です。

この能動的短縮は、更に2つに分けられます。


一つは、筋肉が力を発揮する意図的収縮
自らの意思で体を動かす時、筋肉が収縮して働きますね。


もう一つは、過労・反復運動・過伸展といった場合に筋肉が反応する、防御的収縮があります。

この防御的収縮が起きると、本来弛緩出来るはずの筋肉が弛緩出来ず、収縮したままの状態になってしまいます。



以上のように筋肉には、3つの収縮があります。

この筋肉の縮む特性ををうまく活かし、施術に取り入れましょう。


例えば、受動的短縮を使い、緊張している筋肉を更に縮めて緩めることもあります。

また、施術者が軽く負荷を掛けて運動する事により、筋肉を緩める運動療法を用いる時もあります。



筋肉の特性を知れば、施術の幅も広がります。



整体において大事なこととは?こちらをご覧ください。

ストレッチは効果がある?はこちらをご覧ください。