本日 50 人 - 昨日 58 人 - 累計 15893 人
筋肉には、必ず正反対の動きをする「主動筋」と「拮抗筋」があることを前回お伝えしました。

痛みが発生する時、反対の動きをする筋肉に問題が起きている可能性もあるので、その点も考慮しましょう。

では、本日の本題に移ります。


『筋肉の仕事は「縮む」こと』

筋肉は縮むことを目的に作られている。

だから、初めから「伸びる」ことは出来ません。

そして、縮む時に力を発揮する事が出来るのです。

★筋肉が縮むメカニズム
⓵脳からの命令が筋肉に伝わる。

⓶筋原線維を取り囲んでいる筋小房体という組織からカルシウムが放出される。

⓷そのカルシウムにより、アクチンがミオシンの間に滑り込み、スライド作用により筋肉が縮む。


筋肉は、筋線維という細胞が束になり形成されています。
その筋線維は、さらに筋原線維で作られています。

筋原線維は、「アクチン」と「ミオシン」と呼ばれる、ミクロのタンパク質の筋フィラメントから構成されています。

このアクチンとミオシンが、筋肉の縮む作用を起こしているのです。


これらメカニズムに関しては、何となく覚えておいてください。


大事なのは、

筋肉は自ら「縮む」ことしか出来ないという事です。



この筋肉が縮むことで、様々な動きや姿勢を維持する事が可能になるのです。

例えば、細かい指先の作業をする時でも、大股で走る時でも、動きの大小に関わらず、またじっとしている時ですら筋肉が縮んで働いているのです。

そして、筋肉は脳からの更なる命令が無ければ、直ぐに元に(弛緩した状態に)戻ろうとします。



筋肉は縮んだ結果、元に戻る時に伸びている(弛緩する)のです。

だから、初めから伸びる(弛緩する)事は出来ないのです。




筋肉の仕事は『縮む』こと。



筋肉は、縮むことを目的として作られているという事を理解して、日々の施術に当たりましょう。


整体において大事なこととは?こちらをご覧ください。

筋肉の縮み方の違いとは?こちらをご覧ください。

筋肉には、骨格筋・平滑筋・心筋の3種類があることを前回お伝えしました。

内臓も筋肉だったんだと思われた方、もう忘れないですね。

では、本題に移ります。


『主動筋と拮抗筋』


筋肉は、まったく正反対の動きをする一対の筋肉が拮抗するように配置されています。

いわゆる、
「主動筋」と「拮抗筋」です。


この対になる筋肉があるお陰で、様々な動作がスムーズに行えるのです。

例えば、肘の屈曲の際、主動筋となる上腕二頭筋は収縮し、拮抗筋となる上腕三頭筋は弛緩します。

肘の伸展の際は、この逆となります。


この対になる筋肉、反対の動きをする筋肉を理解していると、問題解決(謎解き)を早めてくれます。

その最たる例が、腰を反らすと痛い症例です。


腰の痛みなので、背面の筋肉の問題かと思いがちですが、

実はお腹の深層部にある

「大腰筋」が原因である事が多いです。


ヒントは、「反ると痛い」です。


腰を反らすには、股関節を伸展させる必要があります。

だから、股関節の伸展を妨げている筋肉が問題を起こしていることになります。


伸展の反対は屈曲です。


つまり、屈曲する筋肉が収縮して、うまく弛緩しない(伸びない)ために、腰を反らした時に痛みが出ているのです。

その股関節の伸展を妨げている筋肉が、「大腰筋」なのです。

腰を反らすと痛い場合、まずこの筋肉を疑いましょう。


ちなみに、大腰筋は腰椎から大腿骨の内側の小転子に繋がる筋肉で、股関節の屈曲・外旋・内転に作用する筋肉です。



このように、対になる筋肉も含めて原因の見極めをしましょう。


主動筋と拮抗筋。


必ず反対の動きをする筋肉があることを忘れずに。



整体において大事なこととは?こちらをご覧ください。

筋肉が果たす役割とは?こちらをご覧ください。

前回までは、触診の大事なポイントを5回にわたりお届けしました。

触診技術の向上は、施術スキルにおいて欠かす事の出来ないものです。

日々、施術の中で鍛錬しましょう!

さて、本題に移りますね。


『筋肉の種類は、大きく3つ』


筋肉は、大きく3つの種類に分かれます。

⓵骨格筋
⓶平滑筋
⓷心筋



骨格筋は、私たちが普段「筋肉」と呼んでいる部分です。

大胸筋、上腕二頭筋、ヒラメ筋など、一度は耳にしたことがあるでしょう。

立つ、歩く、座る、物を掴む、首を振る、自転車を漕ぐなど、全ての動作は、骨格筋が働くことで可能になるのです。


また、骨格筋は自分の意思で動かすことが出来ます。

反対に、平滑筋や心筋は、自律神経やホルモンによってコントロールされているので、自分の意思で動かすことは出来ません。



平滑筋は、内臓を動かしている筋肉のことです。

実は、内臓も筋肉で出来ています。

だから、骨格筋と同じで、内臓器の状態によって、硬くなったり柔らかくなったりします。
不調のある内臓器は硬くなってしまいます。

そして、硬くなった内臓器は、体の関連する場所に痛みや張り、重さなど不快症状を生み出す原因となるのです。


施術において、内臓器は無視出来ない存在です。

内臓も筋肉で出来ていることを頭に入れておきましょう。



心筋は、心臓を収縮させて動かしている筋肉です。

ちなみに乳幼児の頃は、1分間に90回~100回くらい。
小学生くらいの時期は、80回~90回くらい。
そして大人になると60回~70回くらい心臓のポンプが動きます。

そして一生の間では、約30億回も動くそうです。



整体で調整が行われるのは、主に関節と骨格筋の調整です。

しかし、先ほども述べましたが、内臓も筋肉で出来ていて、体と密接に繋がっています。

あなたが整体師としてレベルアップをしたいのであれば、内臓器も含めて全身を診ることをお勧めします。


筋肉は大きく分けて3種類。
⓵骨格筋
⓶平滑筋
⓷心筋

特に、⓶平滑筋(内臓器)の不調も体に大きな影響を及ぼすことを忘れずに。




整体において大事なこととは?こちらをご覧ください。

筋肉がスムーズに動ける秘密とは?こちらをご覧ください。

触診の大事なポイントも5つ目です。

いっぺんに出来ない人は、まずは1つずつ身に付けていきましょう。

やりやすい、身に付けやすいポイントから手を付けてもいいですよ。

さて、本題に入りましょう。


『確認(答え合わせ)が大事』


何事もそうですが、確認って大事ですよね。

火を消したか?
戸締りをしたか?
数字は合っているか?
などなど。

日常生活の中でも確認の連続です。

この確認作業を怠ると、後々大問題に発展してしまうこともありますね。



施術においても同じです。

主訴がどこであっても、関連する場所を触診で確認する。

問題のある方とない方を触診で比べて確認する。

調整後、変化が出たのか触診で確認する。



確認、言い方を変えれば、私は「答え合わせ」だと思っています。

この確認(答え合わせ)をする事で、自分の見立てや施術内容が間違っていないか確かめることが出来るのです。

また、たとえ間違っていたとしても、常に触診で確認(答え合わせ)をしておけば、すぐに軌道修正出来るのです。



私は『整体は謎解きだ』と言っていますが、名探偵は裏付けとなる証拠をたくさん集め、様々な仮説を立てて真犯人を突き止めますね。

触診は、この大事な裏付けとなる証拠集めなのです。

証拠はたくさんあった方が、より正確性が増しますよね。



どうですか?

触診で確認(答え合わせ)をすれば、あなたの施術の正確性や改善度が大幅にアップするでしょう。

結果、患者様にも喜ばれますね。



触診で確認(答え合わせ)をしながら、施術を進めましょう!



整体において大事なこととは?こちらをご覧ください。

骨格筋・平滑筋・心筋とは?こちらをご覧ください。