本日 6 人 - 昨日 7 人 - 累計 8589 人
触診の大事なポイントを押さえ、実践してますか?

理屈ではなく、体で覚えるしかありません。

是非、日々実践してみて下さい。


『常に感じ、考える』

手は脳が外に飛び出した器官と言われていて、無数の神経で脳に繋がっています。

その為、触診によって様々な情報を得る事が出来るのです。


触診によって様々な情報を得られることは「触診が謎を解く」で、既に述べた通りです。

この情報を得る為には、触診で感じ取る感覚を常に意識する事が大事です。


初めは、得られる情報は少ないかもしれませんし、よく分からないかもしれません。

しかし、日々繰り返す中で、徐々に様々な情報を得られる様になります。

また、正確性やスピードも向上するでしょう。

だから、神経を集中して感じ取る必要があるのです。


近道はありません。


何でもそうですが、本当に自分の物にするには時間が掛かるのです。

でも、大丈夫です。
あなたがやった分だけ必ず成果が出ます。安心してください。

とにかく、焦らずじっくり取り組むことです。


そして、感じ取ることと一緒に、「考える」ことも実践してみてください。


ここが張っているのは何故だろう?
右の腸骨が挙がっているのは何故だろう?
左足首が詰まっている感じがするのは何故だろう?
左半身全体が張っているのは何故だろう?


メルマガのタイトル通り、整体は謎解きなのです。

何故?と思う疑問が、その謎を解く突破口となるのです。



『常に感じ、考える』



どうですか?

難しく考える必要はありません。
実践あるのみです。



整体において大事なこととは?こちらをご覧ください。

触診で答え合わせとは?こちらをご覧ください。

触診は、施術家にとって超基本のスキルです。

日々鍛錬しましょう。



『指、手のひらを使い分ける』


触診は、指や手のひらを使い分ける事で効率良く、素早く的確に情報をキャッチする事が出来ます。

使う指は、親指から薬指まで(拇指、示指、中指、環指)を使います。

これらの指は、触る場所に応じて使い分けましょう。


例えば、上後腸骨棘(PSIS)や座骨、後頭骨の位置を診る際は拇指を。

腸骨の高さを診る際は、示指の内側を当てて。

脊柱の歪みを診る際は、中指と環指を揃え、上からなぞって。

うつ伏せで肩井ラインや首の張りを診る際は、示指から環指の三指を揃えて。

仰向けで、頬骨弓や胸鎖関節の位置を診る際は、示指若しくは中指のどちらか一本で。

足根骨や手根骨の硬さを診る際は、拇指と二指、若しくは三指で挟んで。

手のひらは、うつ伏せで全身を素早く、大まかに張りを診る際や骨盤・手首・膝などの関節の可動を診る際などに使います。


どうでしょうか?


大まかに例を挙げましたが、色んな使い方があるのがお分かり頂けましたでしょうか?


触診で体の情報を素早く、的確にキャッチ出来るようになれば、施術の精度・効果・スピードが上がります。

真の原因を見つけ出すため、また診たい場所や目的に応じて、指・手のひらを上手に使い分けましょう。


整体において大事なこととは?こちらをご覧ください。

触診中にすべきこととは?こちらをご覧ください。