本日 5 人 - 昨日 9 人 - 累計 8955 人
前回は、触診の重要性をお伝えしました。

今回から数回に分けて、触診の大事なポイントを伝えていきます。


では、触診の一つ目のポイントです。


『優しく触れる』


しっかり押さえるのではありません。
優しくふわっと触れるのです。


えっ⁈と思われたでしょうか?


多くの人は触診の際に、余計な力が入ってしまっています。

恐らく、硬さを診ようと力んでしまっているのだと思います。


しかし、それは逆です。


正確な触診をしたければ、余計な力を抜いて、優しく触れることです。

何故なら、余計な力が入っていると、指先の感覚が鈍ってしまうからです。

微妙な時や判断に迷った時ほど、リラックスして無駄な力を抜きましょう。


また、優しい触診は、患者さんに不快な思いをさせないという二次的メリットもあります。

触診が強かったり、雑だったりすると、患者さんに不快な思いをさせてしまったり、不安な気持ちを抱かせてしまう恐れもあります。


受け慣れている患者さんなら、直ぐに技術力の低さを見抜かれてしまうでしょう。

触診は単純なようで、奥の深い技術なのです。


あなたの触診レベルが高まる事が、整体師としてのレベルアップに繋がるのです。

それは、患者さんに喜ばれる事にも繋がるのです。


触診の大事なポイント覚えましたか?


『優しく触れる』ですよ。


整体において大事なこととは?こちらをご覧ください。

触診は、時には強も必要?こちらをご覧ください。

触診が謎を解く

2019年06月08日
整体に必要なスキルは様々ありますが、その中でも私が重要視しているものがあります。

『触診』です。


あなたは触診でどれだけの情報を得ていますか?

触診では、痛みの場所の特定だけでなく、
張り・重さ・違和感・硬さ・浮腫み・厚み・つまり感・冷たさ・熱感・関節のズレなどを
感じ取る事が出来ます。


真の原因(真犯人)を見つけ出す為には、この触診で得られた情報が一番の頼りとなります。

つまり、触診能力の高さが、辛さの原因を見つけ出し、謎を解く為の鍵となるのです。


とは言っても、触診能力は一朝一夕に身に付くものではありません。
やはり、地道な努力が必要です。


触診能力を高めるには、とにかくたくさんの人に触れることです。


近道はありません。日々の積み重ねが大事なのです。



整体において大事なこととは?こちらをご覧ください。

正確な触診をする為には?こちらをご覧ください。