本日 68 人 - 昨日 62 人 - 累計 22389 人

指と身体の不思議な関係 実例その3

前回の指と身体の不思議な関係 実例その2は、いかがでしたか?

右膝が痛いからといって、原因が右側にあるとは限らないのです。



では、本日の本題に移ります。


『指と身体の不思議な関係 実例その3』

今回は、右足の拇指のトラブルが原因だったケースをお伝えします。


この患者さんは右顎の緊張が強く、頭蓋骨の縫合も硬いため、よく頭痛が出ていました。

直接顎を緩めたり、縫合を狙って緩めようとしても、思う様な効果がありませんでした。


右足は内反癖が強く、外果周辺は関節のズレによる強い緊張が出ていました。

また、顎関節と関連する拇指のIP関節やショパール関節の可動が悪くなっていました。



この方は過去に捻挫した事があったので、捻挫の影響だと思い、間接法による調整を繰り返したが、何故か緩まず内反癖が取れずにいました。

拇指のIP関節が硬いのも、内反して拇指をうまく使えないからだと思っていました。


しかし、あまりにも変化が出ない為、長らく思う様に改善出来ない患者さんの一人でした。

そして、つい最近になってやっとその謎が解けたのです。




指と身体の不思議な関係 実例その3。




気になる原因の詳細は、次回お伝えします。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):