本日 55 人 - 昨日 63 人 - 累計 20237 人

指と身体の不思議な関係 その3

前回の指と身体の不思議な関係 その2は、いかがでしたか?

指が内臓器と繋がっているなんて、不思議ですよね。



では、本日の本題に移ります。


『指と身体の不思議な関係 その3』

指が内臓器と繋がっているというだけでも不思議ですが、更に別の意味も兼ねています。

それは、身体のパーツを表しているという事です。

全部の指を解明出来た訳ではないのですが、現時点で分かっているものをご紹介します。




まず、示指は腕を表しています。

右手の示指なら、右腕になります。

DIPは手関節、PIPは肘関節、MPは肩関節に当たります。

そして、末節骨は手、中節骨は前腕、基節骨は上腕となります。



次に、環指は脚を表しています。

右手の環指なら、右脚になります。

DIPは足関節、PIPは膝関節、MPは股関節となります。

そして、末節骨は足、中節骨は下腿、基節骨は大腿となります。



拇指は、頭部と頸部を表しています。

右手の拇指なら、右の頭部と右の頸部になります。

末節骨が頭部、基節骨が頸部となります。

IP関節は、顎関節を表しています。



中指は脊柱を表しています。

右手の中指なら、脊柱の右側。

左手の中指なら、脊柱の左側に対応しています。

末節骨が上部胸椎、基節骨が腰椎となります。

PIP間接が胸椎10番の辺りになるのではないかと考えています。




一番悩んでいるのは小指です。

小指については、内臓器との繋がりもそうでしたが、不確定な指なので今後見極めていきたいです。



指と身体の不思議な関係 その3。



身体のパーツを表している事に気付き、難解な症例も改善出来るようになりました。

前回もお伝えしましたが、これに気付けたのは、考え続けた結果なのです。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):