本日 16 人 - 昨日 73 人 - 累計 17759 人

指と身体の不思議な関係 その1

前回の足裏CTスキャン 実例その5は、いかがでしたか?

普段、指なんて気にしていないですか?

でも、指も大切な身体の一部です。



では、本日の本題に移ります。


『指と身体の不思議な関係 その1』

前回、指の硬さが中足骨に出ているケースを紹介しました。

指まで気にする施術者はほとんどいないと思いますが、私は診ています。


何故なら、指の硬さが不定愁訴の原因となり得るからです。

ここで詳しく説明しませんが、各指は内臓器と繋がっていたり、身体のパーツを表していたりと、身体に多大な影響を及ぼすのです。



指に硬さが出ている場合、何かしらの怪我をしている事がほとんどです。

怪我は最近のものから、過去のものまで含みます。

よく「もう何年も前の怪我ですよ」と言われたりしますが、何年経とうが関係ありません。

幼少期の怪我であっても、影響が残るのです。



怪我で多いのは、切り傷です。

他には、打撲や突き指、骨折や火傷というケースもあります。


切り傷の場合は、跡が残っているので分かりやすいと思います。

骨折も本人が大抵覚えているので、場所の特定は容易でしょう。


問題は、ちょっとした火傷や打撲などです。

本人はすっかり忘れてる事が多いです。

これらは、触診によって探し出すほかないでしょう。

足裏CTスキャンを頼りに探しましょう。



指と身体の不思議な関係 その1。



指の怪我が身体に影響を与える事を知りましょう。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):