本日 13 人 - 昨日 73 人 - 累計 17756 人

足裏CTスキャン 実例その1

前回の足裏CTスキャン その3は、いかがでしたか?

足部に出ている硬さが、どこを写し出しているのか、答え合わせ(確認)が大切です。



では、本日の本題に移ります。


『足裏CTスキャン 実例その1』

足裏CTスキャンでまず行うのが、一番硬くなった場所の特定です。

左右を比べると、大抵どちらかに硬さの出ている場所があります。

それをしっかり見極めましょう。

今回は、その実例を紹介します。



足の関節に、ショパール関節という関節がありますね。

この関節は、顎関節と関連のある場所である事が、臨床経験上分かっています。


左足のショパール関節は、左顎。

右足のショパール関節は、右顎に対応しています。



顎関節と関連のある場所は、他にもあります。

足の拇趾のIP関節は、反射区で顎関節に当たる場所です。

ここも、左のIP関節は、左顎。

右のIP関節は、右顎に対応しています。


また、臀溝(臀部の盛り上がりの下方と大腿部の境界目)の部分も顎関節と関連のある場所になります。



ショパール関節に硬さを感じたら、それが正しいか、拇趾のIP関節や臀溝を触診して答え合わせ(確認)をします。

もちろん、顎関節を直接触診してもOKです。



足裏CTスキャン 実例その1。



顎関節、ショパール関節、拇趾のIP関節、臀溝は、それぞれ関連する場所になるので覚えておきましょう。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):