本日 55 人 - 昨日 63 人 - 累計 20237 人

風邪に効く薬はない

前回の風邪の症状を抑えてはいけないは、いかがでしたか?

風邪の諸症状は、全て身体の正常な防御反応。無理に抑え込んではいけません。


では、本日の本題に移ります。


『風邪に効く薬はない』

風邪の諸症状を抑える薬はあっても、風邪に効く(風邪を治す)薬はありません。

もし、風邪を治す薬を発明出来たら、ノーベル賞ものだと言われています。



では、なぜ風邪を治す薬はないのでしょうか?

それは、風邪の原因の殆どが、ウィルスによるものだからです。



インフルエンザやヘルペスなどに対する抗ウィルス薬は開発されているものの、風邪の抗ウィルス薬はありません。

そもそも、風邪のウィルスの種類は何百種類もあります。

どのウィルスに感染するか分からない上に、感染したウィルスを特定する頃には症状が落ち着いてしまいます。


また、抗ウィルス薬と言っても、増殖を抑えたり、ウィルスに対する免疫反応を強化するものです。

つまり、ウィルスそのものを退治するわけではないのです。


抗生物質なら効くと勘違いしている人もいますが、抗生物質は細菌に対して効力を発揮するもので、ウィルスには効きません。



感染したウィルスと闘い、風邪を治せるのは、自己の自然治癒力です。

薬が治してくれると勘違いしてはいけません。



風邪に効く薬はない。



風邪を引いたら、薬を飲むのではなく、自然治癒力に任せるのが一番なのです。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):