本日 56 人 - 昨日 63 人 - 累計 20238 人

風邪の原因

前回の悩んでいいは、いかがでしたか?

悩んでもがき苦しむ事が、自分の成長に繋がるのです。


では、本日の本題に移ります。


『風邪の原因』

風邪を引き起こす原因の9割は、ウィルスによるものです。

残り1割は、溶連菌やマイコプラズマといった細菌によるものです。



このウィルスと細菌は、全く別物です。

別物ですが、混同している人も多いでしょう。



細菌は、一つの細胞しかない単細胞生物で、自己複製能力を持っています。

つまり、自分で増殖する事が出来るのです。


ウィルスは、遺伝子(DNA、RNA)をタンパク質の殻で包んだだけの単純な構造です。

ウィルスは、細菌と違い自分自身で増殖する事は出来ません。

必ず、宿主となる細胞が必要で、感染した細胞を利用して増殖します。

感染力は、ウィルスによります。



風邪を引き起こす細菌の種類は限られていますが、ウィルスの種類は200とも400とも言われています。

風邪が治ったと思ったら、また風邪を引いたなんて事が起きますが、それは別の型のウィルスに感染してしまうからです。


でも、同じ環境にいても、全く風邪を引かない人もいます。

これは、各個人の免疫力の差なのです。

免疫力が高ければ、例え感染しても症状が出なかったり、出たとしても軽く済むのです。




風邪の原因の殆どが、ウィルスによるものである以上、ウィルスを完全にシャットアウトする事は不可能です。

しかし、先ほども述べたように、免疫力が高ければ、ウィルスを抑え込む事が出来るのです。

普段からの手洗い・うがいなどによる予防や、心身共に休養を取り、免疫力を高める事が肝心です。




風邪の原因。



殆どは、ウィルスによるものです。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):