本日 55 人 - 昨日 63 人 - 累計 20237 人

恒常性維持機能とは?

前回のやり過ぎないは、いかがでしたか?

自分本位にするのではなく、施術後までを考えて手技を行いましょう。



では、本日の本題に移ります。


『恒常性維持機能とは?』

人間には、内的要因や外的要因によって、生命が脅かされないよう、常に一定の状態を維持しようとする機能が備わっています。

これを、恒常性維持機能と言います。

または、ホメオスタシスと言います。



例えば、夏の暑い日でも、冬の寒い日でも、体温は一定に保たれています。

昨日、1.5あった視力が、今日いきなり0.1になる事もありません。

傷が出来ても、修復して治してくれるのも、恒常性維持機能の働きによるものです。



特別な事がない限り、身体が急激な変化をする事はありません。

それは、恒常性維持機能が正常に働いている証でもあるのです。


この恒常性維持機能が無ければ、絶え間なく変化する身体に、直ぐに参ってしまうでしょう。



恒常性維持の働きには神経系、ホルモン系、免疫系の三系統があります。

それぞれは、バラバラに存在している訳ではなく、お互いに複雑に連携しながら、身体が一定の状態を保てるよう働いているのです。


日々、何気なく過ごしている私達の身体は、複雑かつ緻密な恒常性維持機能のお陰で、快適な生活を送る事が出来るのです。




恒常性維持機能とは?



日々、意識する事は無いが、私達の健康を支える縁の下の力持ちなのです。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):