本日 55 人 - 昨日 63 人 - 累計 20237 人

放射線被爆によるガン発生 その4

前回の放射線被爆によるガン発生 その3は、いかがでしたか?

CTスキャンの怖さも、よく認識するべきです。



では、本日の本題に移ります。


『放射線被爆によるガン発生 その4』

今から16年も前の2004年になりますが、イギリスの医学雑誌に、「診断用エックス線による発ガンのリスク」という研究論文が掲載されました。

欧米をはじめとする15の国で、放射線検査の頻度や、その検査による被爆量、年齢、性別、発ガン率などを基に解析した国際研究です。


その論文によると、日本は年間のガン発症者の3.2%、人数にして年間7587人が医療被爆が原因とされています。

2番目に多いクロアチアでも1.8%ですから、世界でも突出して医療被爆が多いと言えるでしょう。


しかし、この研究論文が発表されたのは2004年です。

CTスキャンの設置台数が年々増え続けている事を考えると、今の日本は3.2%では収まらないでしょう。



残念ながら、今の日本には医療被爆の線量制限がありません。

だから、いくら被爆しようがお咎めなしなのです。

それに、CTを導入した病院は、多額の投資を回収する為に、検査を勧めるでしょう。


ただ、CTの検査を受けたら、必ずガンになるとは限りません。

でも、被爆線量が増えれば増えるほど、ガンになる確率は上がるでしょう。


世界一医療被爆の多い国、日本。

特に、CTスキャンによる発ガンリスクを理解しておきましょう。



放射線被爆によるガン発生 その4。



自分の身は自分で守るしかないのです。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):