本日 68 人 - 昨日 62 人 - 累計 22389 人

放射線被爆によるガン発生 その3

前回の放射線被爆によるガン発生 その2は、いかがでしたか?

日本は、CTスキャンを世界一保有している国なのです。



では、本日の本題に移ります。


『放射線被爆によるガン発生 その3』

CTとは、コンピューター断層撮影法(Computed Tomography)の略です。

身体にエックス線を照射し、通過したエックス線量の差をデータとして集め、コンピューターで処理することによって身体の内部を画像化します。


身体の内部の状態を詳細に知る事が出来る一方、エックス線(放射線)を被爆する事になります。

CTスキャンは、この被爆する線量がとんでもないのです。



同じエックス線を使う、胸部エックス線検査は、1回の撮影で0.05ミリシーベルト。

そして、問題のCTスキャンでは、なんと6.9〜10ミリシーベルト。(6.9は理想値)

つまり、CTスキャンは胸部エックス線検査と比べて約200倍もの放射線を被爆している事になるのです。


腹部・骨盤のCTでは更に線量が増え、最低でも20ミリシーベルト。

また、全身をCT検査したり、何度も繰り返し受ければ、それだけ被爆線量は増える事になります。



福島で原発事故が起きた後、政府は年間20ミリシーベルト以上被爆する恐れがある地域を計画的避難の対象にしました。

よく見て下さい。

年間で20ミリシーベルトです。

それをCTスキャンでは、たった1回の検査で超えるケースもあるのです。



また、放射線に関係のある仕事に従事する人は5年間で100ミリシーベルト、1年間に50ミリシーベルトを超えてはならないと決められています。

CTスキャンで受ける放射線量が、いかに尋常でないかが分かると思います。



放射線被爆によるガン発生 その3。



不必要なCTの検査は、極力避けた方が賢明です。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):