本日 64 人 - 昨日 62 人 - 累計 22385 人

ガンになりやすい性格

前回の心臓と脾臓にはガンができないは、いかがでしたか?

低体温の人は、ガンのリスクが高まるだけでなく、免疫力も低下しているので改善するよう努めましょう。



では、本日の本題に移ります。


『ガンになりやすい性格』

免疫学の権威、故安保徹先生によれば、


「ガンは無理な生き方による交感神経緊張の持続から引き起こされる」と述べています。


無理な生き方とは、何事にも熱心で、真面目な頑張り屋さんの事です。


自律神経のうちの交感神経は、活動する時に働きます。

逆に休息してリラックスしている時に働くのが、副交感神経ですね。



真面目な頑張り屋は、一生懸命になり過ぎる為、リラックスする時間が少ないです。

また、ストレスを溜め込んで、うまく発散できていない事が多いです。

その為、神経の休まる時が少なく、交感神経が優位な状態が圧倒的に多いのです。



その結果、

ストレス→交感神経緊張→血流障害と顆粒球増多→組織破壊の病気→ガンというサイクルを生み出すのです。



ガンは食事の影響が大きいですが、性格的なものも関係しているのです。

同じ免疫学を専門とする奥村康先生も次の様に述べています。

「責任感が強く自己犠牲的で自分の感情を抑え込む人は、免疫力の低下を招きガンのリスクを高める」



ガンになりやすい性格。



頑張り過ぎ、無理し過ぎ、我慢し過ぎは体を壊し、ガンのリスクを高めるのです。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):