本日 67 人 - 昨日 62 人 - 累計 22388 人

心臓と脾臓にはガンができない

前回の抗ガン剤の驚くべき認可基準は、いかがでしたか?

この認可基準は、患者さんの為になっているとは言えないですね。

製薬会社の為の認可基準と言ってもいいでしょう。



では、本日の本題に移ります。



『心臓と脾臓にはガンができない』


心臓と脾臓。

この臓器にはガンができません。

ただ、心臓にはごく稀に肉種ができることがありますが、ここでは詳しい言及は割愛します。



心臓と脾臓にガンができない理由は幾つかあるようですが、共通しているのは、高温であることです。


心臓は四六時中動き続け、体熱の約10%を作り出しています。

脾臓は、古くなった赤血球を処理したり、貯蔵なども行なっているので、温度が高いのです。


実はガンは熱に弱く、約40度で死滅します。

その為、熱に弱いガンが、高温を維持する心臓と脾臓にはできないのです。




近年、平熱が35度台の人が増えているようですが、この温度はガン細胞が一番増殖する温度と言われています。

また、体温と免疫力は密接に関連していて、体温が1度上がると免疫力は5~6倍アップします。

逆に1度下がると、30%も免疫力がダウンするのです。




心臓と脾臓にガンができないことを考えると、低体温であることは、大変好ましくない状況と言えるでしょう。


高温である以外にも、心臓はほとんど細胞分裂を起こさないことや、脾臓は腸管と並ぶ、免疫システムの中心臓器である事が影響しているようです。



心臓と脾臓にはガンができない。



平熱が35度台の人は、ガンが増殖しやすい温度なので、早めに体質改善することをお勧めします。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):