本日 69 人 - 昨日 62 人 - 累計 22390 人

抗ガン剤の驚くべき認可基準

前回の抗ガン剤は増ガン剤は、いかがでしたか?

効かないどころか、逆にガンを増やす原因になるなんておかしな話ですね。



では、本日の本題に移ります。



『抗ガン剤の驚くべき認可基準』

効かないと分かっている抗ガン剤。

その認可基準も驚きのものでした。


抗ガン剤が効いたとされるのは、ガンを消滅させる必要はなく、ガンが縮小すれば効果ありと判断されます。

その縮小の基準は、新しい病変の出現がなく、4週間で50%以上の縮小で効果ありとされるのです。


では、どの位の人に効果が出れば良いのでしょうか?

たったの20%(10%ではないかとも言われています)なのです。

10人中、たったの2人で良いのです。

下手をすると、1人でもokになっているかもしれないのです。


更に恐ろしいのは、5週目以降は効果を問われないのです。

つまり、5週目以降にガンが逆に増大しても構わないのです。

4週間だけ縮小効果があれば良いのです。



前回お伝えしましたが、ガン細胞には抗ガン剤対抗遺伝子が存在します。

抗ガン剤に負けないよう、細胞を変化させてしまうのです。

だから、効果は一時的なものなのでしょう。



そもそも、抗ガン剤が効果的なものであるならば、ガンで亡くなる方が減っていくはずです。

しかし、現実は年々増加の一途です。



抗ガン剤の驚くべき認可基準。



抗ガン剤は、いったい誰の為になっているのでしょうか…

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):