本日 64 人 - 昨日 62 人 - 累計 22385 人

なぜガンにならないのか?

前回のガンは毎日生まれているは、いかがでしたか?

ガンは誰にも無関係ではないのです。



では、本日の本題に移ります。



『なぜガンにならないのか?』

日々、私達の体には約5000個ものガン細胞が生まれています。

それにも関わらず、私達はガンにならずに済んでいます。


これは、私達が元々兼ね備えている免疫システムのお陰なのです。

免疫とは、自己を脅かす細菌やウイルス、異物から身を守るための防御システムです。



免疫は特定の器官があるわけではありません。

骨髄・胸腺・リンパ節・血管・皮膚・腸管など、複数の器官や組織が連携しあって構成される高度なネットワークシステムとして機能しています。


その免疫を担っているのは、白血球です。

白血球は、顆粒球(約60%)、リンパ球(約35%)、マクロファージ(約5%)で構成されています。


中でも、免疫システムの主役は、リンパ球です。

リンパ球には、T細胞・B細胞・NK細胞などの免疫細胞があり、それぞれが得意の攻撃方法を持ち、連携しながら体内の異物を退治してくれるのです。



私達は、この免疫システムのお陰で、ガン細胞が日々生まれているにも関わらず、ガンにならずに過ごせているのです。



なぜガンにならないのか?



免疫システムが働き、24時間体制で戦ってくれているからなのです。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):