本日 69 人 - 昨日 62 人 - 累計 22390 人

同じ担当者のメリット

前回の肝臓の疲れを診るは、いかがでしたか?

肝臓の疲れが出るポイントを知っていれば、肝臓が関与しているのかが分かるでしょう。


では、本日の本題に移ります。



『同じ担当者のメリット』

施術家であれば、責任を持って患者さんを診たいと思うでしょう。

一人の患者さんに対して、一人の施術家が担当する事は、幾つかのメリットがあります。


一つ目は、その人の体を継続して診られるというメリットです。

施術の効果が出ているのか、比較しやすいです。

また、いつもと違う変化があった時に、担当者が同じであれば、変化に気付きやすいという点があります。



二つ目は、同じ人が担当する安心感です。

あれこれ言わなくても、分かってくれているという安心感があると、患者さんもリラックスして受ける事が出来ます。

また、安心して身を任せられるので、信頼関係も築きやすいです。



大きくは、この2つが同じ担当者が診るメリットになるでしょう。

担当制、指名制の所は、このメリットを活かし、施術に取り組みましょう。


しかし、メリットがあれば、デメリットもあるのが常です。

デメリットに関しては、次回触れたいと思います。



同じ担当者のメリット。


あなたはそのメリットを活かしてますか?

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):