本日 69 人 - 昨日 62 人 - 累計 22390 人

減塩は必要か?

前回の精製塩は塩でないは、いかがでしたか?

塩だと思っていたものが、実は塩とは呼べない代物だったのです。

本物の塩を選びましょう。



では、本日の本題に移ります。



『減塩は必要か?』


結論から言うと、必要ありません。

何故ならお伝えしてきた通り、塩は絶対に体に必要な物だからです。



減塩が必要と言われているのは、塩分の摂り過ぎによって、高血圧になるからというのがその根拠です。

しかし、研究によって、塩が高血圧の直接的な原因ではない事が証明されています。



そもそも、塩分の摂り過ぎなど、正常な体であれば出来ないのです。

人が食べられないものは毒性のあるものを除けば、「腐ったもの」「焦げ過ぎたもの」、そして「塩辛すぎるもの」と言われています。



あまりにも塩っぱいものを摂れば、ぺっぺっと塩を吐き出そうと、拒否反応を示します。

それは、脳がきちんと体に悪いという事を、瞬時に判断し教えてくれているのです。



もし仮に塩分摂取が多くなってしまったとしても、自然と水が飲みたくなり、体内の塩分濃度を薄める為に水分補給をしているのです。

そして、余分な塩分を、尿と一緒に排出しています。

余分な塩分は、体に溜める事が出来ないのです。




だから、過剰に塩分の摂取量を気にする必要はないのです。

気にするなら、塩分摂取量より、どんな塩を摂取しているのかを気にするべきです。



減塩は必要か?


いいえ、減塩は必要ない。



塩に対する正しい知識が必要なのです。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):