本日 6 人 - 昨日 7 人 - 累計 8589 人

揉みの超基本、垂直圧

前回の疲れない揉み、出来ていますか?

この仕事を続けていくのであれば、必ず身に付けたいですね。


では、本日の本題に入りますね。


『揉みの超基本、垂直圧』

筋肉を揉み解す際、筋肉の面に対して、垂直に圧を入れるという大原則があります。

すでに知っている方は、基本に立ち返りおさらいして下さい。


この垂直圧は、どこの筋肉であっても同じです。

この筋肉には垂直圧、この筋肉には斜めにということはありません。

常に垂直でなければいけません。



では、なぜ垂直圧なのか?



理由は、2つあります。

1つは、斜めに圧を入れると、痛いからです。


斜めに圧が入ると、筋肉がずらされる様な状態になり、痛いだけでちっとも気持ち良くありません。

また、揉み返しの原因となります。


押し方が悪く、垂直圧になっていないから患者様から「痛い」と言われているのに、それは筋肉が張っているからと、自分の誤りに気付かない施術者もいます。

自分の技術の未熟さを患者様のせいにしてはいけません。



もう1つは、垂直に圧を入れないと、深層部まで指が入らないからです。

逆の言い方をすると、垂直圧をすれば深層部まで指が届きます。

深層部まで届かないと、筋肉がなかなか解れません。



垂直圧。

この超基本、出来ていますか?


基本がしっかり出来て、応用が出来るのです。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):