本日 52 人 - 昨日 58 人 - 累計 15895 人

揉みは無駄な動きをしない

前回の垂直圧は出来ていますか?

垂直圧が出来ているかは、自分の指の感触で覚えましょう。


では、本日の本題に入りますね。


『揉みは無駄な動きをしない』

「ずっと揉んで疲れませんか?」と、たまに聞かれます。

でも、自分の体重をうまく利用して揉んでいるので、疲れません。


揉みは体重移動で行います。

体重を利用して揉むので、疲れないのです。


この体重移動は、前後の動きのみです。

そして、なるべくシンプルな動きを心掛けましょう。


膝が上下動する人
体の前後の動きが激しい人
円を描く様にぐるぐる回る人
後ろ足で踏ん張って押そうとする人


色々な揉み方をする人がいますが、無駄な動きをする事で、疲れやすくなってしまいます。

また、大きな動きをした方が、圧が入る様に感じますが、実際はそうではありません。



優れた揉みは、シンプルです。
無駄な動きはありません。


見た目には少しの動きでも、圧はしっかりと入ります。

そして、無駄な動きが無いから疲れないのです。



あなたの揉みはどうですか?



もう一度、自分の揉みがどうなのかチェックしてみましょう。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):